株式投資セミナーで学ぶ賢い資産運用|投資テクニックを身に付けろ

資金不足でも大丈夫

グラフ

信用取引と社内管理

さて、信用取引と社内管理という言葉を聞いたことがあるでしょうか。信用取引というのは、最近耳にすることも多いと思います。なぜかというと、ここ最近はアベノミクスの効果で日経平均株価が上昇を続けており、一昔前までは株式に興味がなかったという人にもどんどん浸透しているからです。そういった影響もあって、テレビなどのメディアに株式や投資などのCMや放送なども増えてきた為に興味を持つ人が増えてきているのでしょう。一昔前は、株式などは一部の投資家や事業者が行う程度でした。しかし、現在ではNISA口座という100万円の収入までは税金がかからないという専用の口座を作る制度も政府の意向によって作られました。なので、今後もどんどん株式に投資を持つ人は増えていくでしょう。

信用取引を利用

株式というものの利益はただ株を買ってその株の相場が高いときに、売却して利益を得る売却益だけではありません。信用取引という手段を使って少し趣向を変えた方法で、利益を出すことも出来るのです。さて、信用取引というのは実際に手元に資金がなくても証券会社に一時的にお金を借りて投資するというものです。勿論、いくらでも借りられるというわけではなく投資資金のせいぜい3倍から5倍程度でしょう。その為手元に資金が少なくても信用取引を利用して大きく勝負するということも出来るのです。ある意味博打に近いかもしれません。信用取引というものはハイリスクハイリターンである手法と言えるでしょう。それでもこれからも株価の動向次第で利用する人は増えていくでしょう。